2009年12月31日

I'm still here



本日大晦日、ディズニーXDにて『トレジャー・プラネット』を放映してたのだが。
…作品もさることながらやっぱ良いわ、
ジョン(Goo Goo Dools)の作る&歌う曲はああああ〜。
バンドとしても来年2月にいよいよニューアルバムが出るようだし
おのれが「女の小厄」の本厄であることを除けばw楽しみな新年であります。


ではでは、良いお年を。
…そいや私、新年1日2日に謎の熱出すのが定番なんだよな、ここ数年…(((゚Д゚)))
  
posted by Asuka at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

Wiedersehen

F1001555.jpg

 
24年ぶりの「つくば」、にて。
…科学万博以来だったもんで、ハイw
 

某H嬢と、こちらは約2年半ぶりに会ってきますた。
怪我の功名・棚からぼた餅式?に嬉しい偶然、ドイツ料理店でランチをいただくことに。
…次回はやっぱりJägerschnitzelにするっ!!(※まだ言っとんかいアンタ
  
 
しかし、東武おおたかの森駅からたった20分でつくばまで行けてしまう時代になったとは。
また、会いに行かせてね。
 

posted by Asuka at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&ちょいとそこまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

日本科学未来館

F1001549.jpg


ちび兄連れて行ってきますた@お台場with某友人家族
中央付近で何故か顔が2分割されとるのが、わが親愛なるボケ丸・Y嬢ですw
なぜこのような写真になるのかは…日本の科学技術が最先端すぎて奥様には理解不能じゃいww
 
 
来年は上野の科博行きたいなあ。
posted by Asuka at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅&ちょいとそこまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

@首都高

F1001547.jpg

帰ってキタ━(。A。)━!
posted by Asuka at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅&ちょいとそこまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

1/500名

F1001540.jpg


ファーファの顔型クッションが当たったよ〜。
 
 
以前にもこちらで紹介したことのある、あの柔軟剤「ファーファ」が
只今キャンペーン中でしてな、商品バーコード等をweb入力して
ぽちっと送信するだけの超簡単な応募方法なのだが、
実はわたくし、先月にもケータイ用ファーファストラップが当選しており
今回2度目の大当たりと相成りましてん(・∀・)
ファーファユーザーの方はぜひぜひ応募するよろし!!
…店頭でバーコードだけメモって帰るのはいけんよw
http://fafa-campaign.jp/ ※応募は今月末まで
 
posted by Asuka at 16:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 広島的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

( ゚Д゚)

51_BARKS1000056545.jpg
【12/16 ガンズ・アンド・ローゼズ大阪公演】


( ゚Д゚)
( ゚Д゚)
( ゚Д゚)


えーーーっと…

アンタ、誰ねーーー?!!  
 

 
〜こちら、今から20年ちょっと前〜
698ad4d2.jpg

♪うぇるかむとぅざじゃんご〜
♪ちゃなななななななななななにーっにーっ

 
…リアルタイムで聴いてた世代です、はい。
なのに、なのに誰だよこのバンダナじじいはぁぁーーー!!
おいらのクールなアクセルを返せええええ〜〜〜
…残酷だ、月日の流れというものはあまりに残酷だ…///orz/// 
 
 
 
どうでもいいが、大学時代の友達が
スラッシュからもらった(※本当に)という木の玉のネックレスを持ってたなw
いやほんとどうで(ry
posted by Asuka at 19:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

MUUMI

F1001529.jpg


フィンランド語ではそう書くらしい<MUUMI(≒MOOMIN)

 
 
大奮発して買っちまった、ムーミンカレンダー@フィンランド製。
何故って、中の絵がなんと!『ムーミンパパ、海へ行く』の巻の原画だったからさ。
 
 
この秋は、小学校の図書の貸し出しを利用して
ちび兄が毎週ムーミンシリーズを借りてきてくれてだね。
…いや、借りてきやがれと母が脅したわけではない…たぶん、おそらく、ki(ry
ただし1冊を1週間で読み切らねばならんため、
こっちもこっちでのどをヒィヒィいわしつつ毎晩必死に音読、
今週ようやくシリーズ最終作『ムーミン谷の11月』までたどり着いたのだが。
 
 
うん。
ムーミン、面白い。
というか、素敵だ。
そして何なんだろう、読了後の、この幸福感みたいなのは。
決して子供のためだけの作品ではないね。
ほんとはきっと、大人のための童話なんだろうな、と。
 
 
私自身の、というか多分多くの我々の世代の人にとっての「ムーミン」って
キャラといえば主役のムーミンよりむしろ
ニョロニョロやスナフキン・ミイあたりがメジャーで、
全体としてカラフルでちょっと古くさいファンシーグッズのイメージを
なんとなく抱いているのではないかと思う。
あと、昔のアニメのなんかうすっ暗〜いwwwやつ(※故・岸田さんスマソ
でも原作はあくまで白黒の挿絵であり
一見荒いようで、でもかなり繊細なタッチで描かれていて
それがなんとも、どうにも素敵なのですわ。
私にとってはほんと、衝撃的ですらあった。
  
 
なのに、日本のムーミングッズのおかしな野暮ったさのおかげで
ムーミンのイメージが不当に曲解されてる、
新たに増えるべき原作の読者層をかえって遠ざけてしまっている気がしてならんのよ…
たとえば。
 
6177_1_expand.jpg
日本版カレンダー。わし的にはこの妙なファンシーさが気に入らんw
 
7022_1_expand.jpg
ガールズブリーフってシロモノらしいが…色といいこれはないだろ…orz
 

先日も男子中学生が、でかいニョロニョロのぬいぐるみらしきものを
かばんにぶら下げてるのを目撃したが、
ニョロニョロの本来の生態性質だの知ったら、絶対可愛くなんか思えなくなるぞあんなんw
ムーミンパパもああ見えて、実際は結構卑屈で扱いにくい男(?)だったりするし
あまりに個性的で鬱陶しいキャラもたくさん出てくるし
読んでてこちらまでじめじめしちまうような内容のもあるし…
でもそれを全部ひっくるめても、読後感の素晴らしさは保証します、どの作品も。
そして大人のみならず、「…ほんとに内容理解してんのか??」と思いつつも
なかなかハマってる様子のちび兄を見ると
人生のうち一度くらいは、親子で一冊二冊読んでみるといい本かもしれませんぜ。
…おそらく全巻読みたくなると思われ(笑)
 
 
先ほどちび兄が学校から帰ってきて、
早くも壁に下げられたこのカレンダーを見て
「うほっ!いいセンス♪(゚∀゚)」
とかなんとか叫んでました。そうかそうか…ってか何そのやらないk(ry
とかいいつつ自分の机の横にはマックのポケモンカレンダー飾っとるがのうw
posted by Asuka at 15:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

Indian summer


12012.jpg



冬はもう、すぐそこに。

 

posted by Asuka at 14:03| Comment(3) | TrackBack(0) | Nikon D3000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。