2010年02月09日

さよ〜ならさよな〜…ら?

 
F1001597.jpg


広島瀬戸田産「はるみ」。ぷりぷりぷちぷち(゚Д゚)ウマー
で、タイトルに続くwいつものことだww
 
 
いや、それだけではなく。
昨日偶然知ったのだけど、
有村産業の倒産により2008年夏に廃止されたフェリー「飛龍」が
つい先日、いよいよ売却されることに決まったらしい。
買い取り手は韓国の企業とのこと。
 
 
「飛龍」は本州と沖縄諸島、果ては台湾まで!を、安価&割と快適にむすぶ、
“いまいち貧乏だがとりあえず時間だけはあるという沖縄好き(?”
にはとても貴重な航路で、私自身も1998〜2007年の間に3度乗船しており。
一度目は女友達と、二度目は新婚旅行で旦那氏と、三度目はちび兄と。
残念ながらこの船ではロマンスに遭遇したことはなかったがw
(小樽−舞鶴でなら学生時代に一度少々以下略
子供たちがもう少し大きくなったら、今度は石垣から船で台湾上陸作戦決行だーー!
とその日を待ちわびていただけに、自分にとっても相当ショックな出来事で。
いつか有村産業が再建、もしくは別会社が航路を復活させてくれるんじゃないか、
なんて儚い願いを抱いていたのだけど、
肝心の船体が海外に売られていってしまうんじゃもうだめぽ(´;ω;`)
※ちなみにもう一隻の「飛龍21」はマルエーが買い取ったようだが、私は21の方は乗ったことないのですわ。
 
 
で、その「飛龍」が今、広島東部の福山周辺の海に係留されているらしい。
よそのお方のブログにその写真があったのだが、
海上での係留生活が長いせいか、船体の塗装なんかもだいぶ傷みが生じていて痛々しく。 
ああ、おいらも最後に一目会いたいよ、飛龍が飛龍でいるうちに…つД`)

1964575_1951356433.jpg
2007年6月、石垣港にて。
実はこの旅の時、坊がお腹の中にいたらしい自分w(ぉぃ

  
posted by Asuka at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。