2010年03月26日

Farewell

HIRYU.jpg


※クリックで超拡大します


【クルーズフェリー飛龍】
1995年1月竣工
10,351総トン、全長167.0m、幅22.0m、出力27,000馬力、航海速力25.0ノット(最大26.6ノット)
旅客定員270名。コンテナの他、車両積載数:トラック145台・乗用車100台
詳しくはこちら→有村産業


以前にもこのブログで書きましたが、
1998〜2007年にかけて沖縄航路で3度お世話になったこの「飛龍」。
2008年の有村の倒産により航路は廃止、船たちは競売にかけられ
この飛龍も、昨年12月に韓国の企業に落札されるに至り…
現在、広島県東部の海にて待機中?の模様。


もしかしたら、日本と韓国を結ぶ航路にでも利用されることになれば
また見る機会、乗る機会に恵まれるかもしれない、
けど、やっぱり最後にもう一度、
飛龍が「有村のクルーズフェリー飛龍」でいてくれるうちに会いたかったんだ。


この写真を撮ったのは21日(土)、
実はしまなみ街道の大三島へ柑橘ゲットの旅(またみかんすかw)に向かう途中で。
旦那にマンドクサイと却下されるかと思いきや、
「常石?!おお〜造船所ならわし仕事で行ったことあるぞ!!(゚∀゚)」
と想定外のイケイケどんどん状態にw
かくして一家4人@全員飛龍乗船経験者(※坊も一応なw)で常石へ凸したのであります。


HIRYU-1.jpg

内海大橋の手前の展望スペースから撮ったもの。
強風のせいか、瀬戸内の海がこんなにも明るい色に。
なんだか懐かしい沖縄の海にいるみたいやね、飛龍…(´Д⊂
 
 
HIRYU-4.jpg

田島の岸壁より。

※全然関係ないが私、ここの島を19歳のとき通ったことあるんだな…たぶん(;・∀・)
さらに先の横島ってとこに行ったんですがね、京都から。
当時のBFの一族の本拠地がそこの島だとかナントカで…(笑)
ま、人生の半分近く昔の話だから時効じゃろwうはwww


〜閑話休題〜(ぉぃ


飛龍。
初めての乗船は98年、結婚前の夏に女友達と、那覇から石垣まで。
大阪南港から那覇までは大島海運の雑魚寝船×2泊だったもので
有村の船なら一番安い2等でも個室とベッドという話にホッとしたのもつかの間、
ちゃんと予約を入れていたにもかかわらず、
いざ乗船したらあらららダブルブッキング?お前ら部屋がございませんとな?!
するとなんと…おわびに1等船室へドゾー!!これぞまさに怪我の功名。
(まあ1等といっても4人部屋2段ベッドなんですが)
そこでは若いお母さん&2〜3歳くらいの男の子のお二人と同室に。
これから子供と西表に行くのだとその女性は話していて。
こんな小さな子を連れて二人で沖縄旅行、しかも西表って凄い。
自分もいつかできるかな…とちょっと憧れたのを覚えてる。
あの時もらって帰ったアメニティ用飛龍ポーチは、今も欠かせぬ旅の友。
2回目は翌99年、新婚旅行でやはり那覇から石垣へ。
…ちなみに新婚だけど2等。
新婚旅行なのにやっぱり2等@相部屋2段ベッドに6人www ...orz
3回目は一気に飛んで2007年、
ようやく離島めぐりのできそうな年齢になった長男6歳を連れて、
いざ広島から母子二人旅。そして私にとっては7年ぶりの八重山上陸!
もちろん今回も那覇から石垣までは飛龍、なんといっても安いしね。
そして恒例の2等で、同室の若いおねいさんたちに構ってもらってウハウハ男児w
あ、そのあと我々も西表まで行ったぞ〜。
ちびが寝巻きに飛龍Tシャツ1000円を着ていたら、ユースのヘルパーさんに
「僕も関西から飛龍乗ってこっち来たんですよー」と言われたっけな。
その旅では、5泊6日で本島→石垣→竹富→石垣→西表→石垣→本島、
大荷物よっこらレンタサイクルがたがた海どぽーん泡盛がばがばイャッホゥゥ!
で、広島帰った次の日だかに坊のオメデタ発覚、と…(ぉぃ
 
 
沖縄本島を出航するときの、ちょっぴりセンチに流れゆく那覇の夜景。
翌朝石垣島に入航するときの、寝ぼけ頭も一発で覚醒する鮮やかなエメラルドグリーンの海の色。
もう、味わうことはできないんだね。
飛龍、きみと一緒には・・・(´;ω;`)ブワッ


たいがい長くなりましたが、
最後に、福山の某ブログの管理人さん、本当にありがとうございました。
こうしてもう一度飛龍に、しかも広島で会うことが叶ったのも、すべて貴ブログのおかげです。
Vielen Dank!!


おお、これで心置きなく???帰省できるw
こっち戻ってくるまでにどうか可愛いおみかんたちが腐っちまいませんよ〜に。
…全員連れてくか?(ぇ?
posted by Asuka at 15:36| Comment(4) | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでてなんかじ〜んときた。
Asukaの思い出がいっぱい詰まった船なんだね。沖縄から帰るときの切ない気持ち・・・伝わるな〜。乗り物の旅はいいね!
私は船でまともに旅したことないから、
是非一度してみたいもんだわ。
Asukaが飛龍で出会った人たちは、今頃どうしているのかね。
Posted by kiss at 2010年03月26日 20:18
>>kissはん

私は飛行機も、特急もバスも好きだけど、
大きな船の旅ってね、独特のロマンというか、不思議な魅力があるんだよ。
今次に狙ってるのは、ノルウェーの沿岸急行船ってやつなんだけど…ちいと遠いんだよなあ(笑)
宮崎へも関西から大型フェリーが出てるから、一度家族でトライしてみては。ただしまず方向逆に向かわねばならんがw

トップの特大画像は、同じく飛龍を好きだったたくさんの旅人さんたちに捧げます。
皆の心の中に永遠に生き続けることを願って…
Posted by Asuka at 2010年03月31日 18:03
たくさんの引き出しを持っている人だ〜。素晴らしい!
先日、うちのダンナが
「舞鶴から北海道まで船が出てるんだけど、それに乗って北海道に行かんか?」
と、突然 言い出した。
「あぁ、おじいちゃんとおばあちゃんになったらね。」
なんて、適当にあしらったんだけど大きな船に乗りたくなったなぁ。

あっ、お勧めしてくれたサイトで黄金柑を買いました。
届くのが待ち遠しい!
ありがとう。
Posted by ちゃーき at 2010年04月01日 08:33
>>ちゃーきどの

いや、開かずの引き出し化しとるのも実に多いんですが…(笑)
…新規作成中のロシア語引き出しがそうならんよう頑張ります。。。って誰に宣言しとるのかww

うん、舞鶴(&敦賀)から北海道行きの船あるある、新日本海フェリー!小樽に着くよ♪
車ももちろん運べるので、夏の北海道旅行にはうってつけです、ぜひぜひ!
ただ、夏休みは学生がすごく多いので、計画はお早めに〜。
そんでもって、ほんとの爺様婆様になった日には、
どどーんとにっぽん丸か飛鳥Uあたりで豪華世界一周クルーズに行くべしw

ちゃーきさんとこ、M川さんのおっちゃんから電話かかってこなかった?
私は質問メール送ったら直で電話かかってきてびっくりしたのだが、んもうw
ちなみに今回実家宛にデコポンを送ってもらったのだけど、
甘い上にサイズも立派なのが届いて、おっちゃんやっぱりGJ!!
…おかげでこの冬3kg増えますた…果糖おそるべし…orz
Posted by Asuka at 2010年04月01日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。