2010年02月19日

ムーミン展

F1001605.jpg
エーケルンドのムーミンクロス(小)


  
16日から始まったムーミン展@広島県立美術館、子供ら連れて早速行ってきますた。
今回の展覧会はほぼ「原画展」なので、
「カラフルなアニメーションのムーミン」をイメージして行くと、ちと肩すかしを食らった感があるかもですが、
原作ファンにとっては至宝の逸品の山山山、
もう涎も鼻血もダーーもんの品揃え(※何か表現が違うなw)なのであります。
 
 
勿論原作にこだわらず、通常の美術鑑賞としても十分楽しめるクオリティですが
ほんの一冊でいい、ちょろっとでも原作を読んでから行かれると
全然違った視点で楽しめるはず。
私自身も、実際はちび兄が学校の図書室から借りてきたのを度ずつ読んだだけ、
それでもどの挿絵がどの話のどの場面か、なんてことが
頭にすっぽり入っちゃってるんだな不思議と。
ほんと、ムーミンマジックとでも言えばいいのかしら。
ちび兄とふたりで「あ、静かなのがすきなヘムレンさんだー」
「サロメちゃんktkr」「モランこえーーww」なんてトークするも楽し。
あ、坊は早々にバギーで熟睡。たいへん親孝行な1歳児GJw
  
 
展示の最後にミュージアムショップが設置されていて
よく見かける品もあれば、フィンランドのムーミン谷博物館直送(?)の品や
会場限定のお宝商品まで…うっかり12000円も散在してもたwうはwww
写真のエーケルンド社のクロス(織物!)は、テーブルマットの下に飾るのだー(´∀`) 
ショップではもちろん書籍も扱っているので、帰りに一冊買って帰るもよろし。
個人的には、一冊買うなら「ムーミン谷の冬」をお勧めいたしたい。
「仲間たち」「海へ行く」「11月」も大人向けの魅力があって捨てがたいのだが。


というわけで、次回はムーミンランチも食べるぞ〜!つづくw 
posted by Asuka at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

芬蘭土

 
image107.jpg
ちょwおまwwww



突然だが、フィンランドのイヴァロのホテルにあるwebcamを見つけたぞ(・∀・)
しかも自分で方向や角度をいじれる!(※ただし専用ソフトのDLが必要) 
実際にはこんな映像(※これはショット画像)が見られるのだが↓

20100128_09-27-19.jpg

「真っ暗で何も見えんじゃん」とか言うんじゃないそこw
イヴァロは北緯68度、つまり北極圏にあるということは…もしかしたら、よ、
ウン十万かけて行かなくても、−ウン十度の中がんばらなくても、
日本のおうちでぬくぬくオーロラが見られるかも?!(゚∀゚)
…ただし一晩中粘ってたらの話だがw
しかもこの時期まだ一日の4分の3が夜っつー話みたいだがwww
無償で寝ない子ボランティア求ム( ゜∀゜)ぉぃ
 
 
【おまけ:フィンランドの噂】

+15℃。スペイン人は毛糸の帽子をかぶり、手袋とコートを着用。フィンランド人は日光浴をする。
+10℃。フランス人は集中暖房をつけようとむなしい努力をする。フィンランド人は花壇に花を植える。
+5℃。イタリアでは車のエンジンがかからなくなる。フィンランド人はオープンカーでドライブする。
  0℃。蒸留水が凍る。フィンランドのヴァンターヨキ川の水は、ほんの少し凝固する。
−5℃。カリフォルニアでは住民が凍死寸前。フィンランド人は庭で、夏の最後のソーセージをグリルする。
−10℃。イギリスでは暖房を使い始める。フィンランド人はシャツを長袖にする。
−20℃。オーストラリア人はマヨルカ島から逃げ出す。フィンランド人は夏至祭りをおしまいにする。秋の到来である。
−30℃。ギリシャ人は寒さで死亡。フィンランド人は、洗濯物を屋内に干し始める。
−40℃。パリは凍えてガチガチ音を立てる。フィンランド人は屋台に行列する。
−50℃。シロクマが北極から退避しはじめる。フィンランド軍は、本格的な冬の到来までサバイバル技術の訓練を延期する。
−60℃。コルヴァトゥントゥリが凍結。フィンランド人はビデオを借りて家の中で過ごすことにする。
(コルヴァトゥントゥリはフィンランド北部・ラップランドにある山でサンタクロースが住むとされる)
−70℃。サンタクロースが南方へ引っ越す。フィンランド人は、
      コスケンコルヴァを屋外に保管しておけなくなり、いらいらする。フィンランド軍がサバイバルの訓練を開始。
(コスケンコルヴァはフィンランドの蒸留酒でアルコール度数が非常に高い。通常、飲む前にビンごと冷凍庫に入れて冷やす)
−183℃。食品の微生物が死滅。フィンランドの牛は、乳しぼりに来る人間の手が冷たいと文句を言う。
−273℃。絶対零度。あらゆる原子の運動が停止。フィンランド人は「くそっ、今日はずいぶん寒いじゃないか」と言い始める。
−300℃。地獄が凍結。フィンランドがユーロヴィジョンで優勝する。 

 
 
…rちゃん、来たる20年後のオーロラツアーに備えて、
5年に一度はこのウェブカメラを利用して完徹訓練を実行しとくよーに!
もちろん、ノートPC持って屋外でよ〜w
posted by Asuka at 09:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

はじまるよ

F1001576.jpg

『ムーミン展』
来月16日より、広島県立美術館にて。


前売りは一枚予約したけど、たぶん追加が必要になるだろなあ(笑)
小学生無料なちび兄ウラヤマシス!
posted by Asuka at 08:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

MUUMI

F1001529.jpg


フィンランド語ではそう書くらしい<MUUMI(≒MOOMIN)

 
 
大奮発して買っちまった、ムーミンカレンダー@フィンランド製。
何故って、中の絵がなんと!『ムーミンパパ、海へ行く』の巻の原画だったからさ。
 
 
この秋は、小学校の図書の貸し出しを利用して
ちび兄が毎週ムーミンシリーズを借りてきてくれてだね。
…いや、借りてきやがれと母が脅したわけではない…たぶん、おそらく、ki(ry
ただし1冊を1週間で読み切らねばならんため、
こっちもこっちでのどをヒィヒィいわしつつ毎晩必死に音読、
今週ようやくシリーズ最終作『ムーミン谷の11月』までたどり着いたのだが。
 
 
うん。
ムーミン、面白い。
というか、素敵だ。
そして何なんだろう、読了後の、この幸福感みたいなのは。
決して子供のためだけの作品ではないね。
ほんとはきっと、大人のための童話なんだろうな、と。
 
 
私自身の、というか多分多くの我々の世代の人にとっての「ムーミン」って
キャラといえば主役のムーミンよりむしろ
ニョロニョロやスナフキン・ミイあたりがメジャーで、
全体としてカラフルでちょっと古くさいファンシーグッズのイメージを
なんとなく抱いているのではないかと思う。
あと、昔のアニメのなんかうすっ暗〜いwwwやつ(※故・岸田さんスマソ
でも原作はあくまで白黒の挿絵であり
一見荒いようで、でもかなり繊細なタッチで描かれていて
それがなんとも、どうにも素敵なのですわ。
私にとってはほんと、衝撃的ですらあった。
  
 
なのに、日本のムーミングッズのおかしな野暮ったさのおかげで
ムーミンのイメージが不当に曲解されてる、
新たに増えるべき原作の読者層をかえって遠ざけてしまっている気がしてならんのよ…
たとえば。
 
6177_1_expand.jpg
日本版カレンダー。わし的にはこの妙なファンシーさが気に入らんw
 
7022_1_expand.jpg
ガールズブリーフってシロモノらしいが…色といいこれはないだろ…orz
 

先日も男子中学生が、でかいニョロニョロのぬいぐるみらしきものを
かばんにぶら下げてるのを目撃したが、
ニョロニョロの本来の生態性質だの知ったら、絶対可愛くなんか思えなくなるぞあんなんw
ムーミンパパもああ見えて、実際は結構卑屈で扱いにくい男(?)だったりするし
あまりに個性的で鬱陶しいキャラもたくさん出てくるし
読んでてこちらまでじめじめしちまうような内容のもあるし…
でもそれを全部ひっくるめても、読後感の素晴らしさは保証します、どの作品も。
そして大人のみならず、「…ほんとに内容理解してんのか??」と思いつつも
なかなかハマってる様子のちび兄を見ると
人生のうち一度くらいは、親子で一冊二冊読んでみるといい本かもしれませんぜ。
…おそらく全巻読みたくなると思われ(笑)
 
 
先ほどちび兄が学校から帰ってきて、
早くも壁に下げられたこのカレンダーを見て
「うほっ!いいセンス♪(゚∀゚)」
とかなんとか叫んでました。そうかそうか…ってか何そのやらないk(ry
とかいいつつ自分の机の横にはマックのポケモンカレンダー飾っとるがのうw
posted by Asuka at 15:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

トリトラ

F1001068.jpg


トリップ・トラップの椅子キター!(゚∀゚)
義実家からの坊の出生祝(1年前の)にコレを買ってもらうことになっており
タイミングよく昨年新色が発売になったので、いってみますた。
 
 
「トリップ・トラップ」でググって来られる方もおられるであろうという前提で
(実際私がそうだったw)ちょっくらこまごま書いてみますが…
色はご覧の通り「グレー」ですな。
結構明るめの柔らかいグレーです。決して重たくはないイイ!(・∀・)感じ。
ただベビーガードもグレーで揃えてしまうと重い感じになりすぎるかなと
同じく新色の「グリーン」から選んでみたところ、
北欧チックな色使い?になって個人的には大成功かなと思っとるんですが、どげですかね。
あと最近気づいたのだが、
ベビーガードを「イエロー」にしてみたら、ドイツっぽい配色になるかもw
 
 ※配色で遊んでみたい方はこちらでお試しあれ!

ベビーガードは現在1歳2ヶ月、まだ10kgないうちの坊でちょうどいい感じですが
結構狭いので、1年使えるかどうか微妙かもなー(;・∀・)
なおクッションのセットは、いったん設置したら、洗濯等で外すのに
いちいち椅子を分解しないといけないらしいと聞いたため買わず。
日本のウェットべっとり系食生活(?)には向いてないのかもですな…
 
 
さて今回グレーを買うにあたり、やはり現物で色を確かめないと!と思い
出向いたのが宇品のア○タス。ええ、ここに色見本の板が用意されてまして。
…でも買ったのは楽天のお店。アク○ス様すんません定価じゃ買えまへんwww
昨年発売になった新色は「グレー」「グリーン」「イエロー」「ピンク」の4色、
中でも一番人気は「グリーン」のようですが、
明るめのきれいな黄緑で、我が家もグレーとこれとで迷ったのだけど
子供が大きくなって以降この派手色はちょっとどうなのよ、という思いもあり
今回はベビーガードにグリーンを使うことで手打ちに(※何だよ手打ちってw
 

それと、「これがついていると子供が食事中席から立ち上がれないのでいい」
と評判のベビーガードですが、
残念ながらうちの坊は翌日には立ち上がり見事脱出成功、ですた orz
でもあるにはあった方がよさげです、当分は。
 
F1001069.jpg


それからこちら、昨年購入したちび兄の勉強机用トリトラなんですが
色は「ホワイトウォッシュ」。
結構人気色らしいのだけど、この時は色見本を見ずに注文したため
いざ届いてみたら、思っていたのとだいぶ違った感じであらららら…
板の地の色が見えるナチュラルなホワイト、というより
ぶっちゃけ「肌色」ですなwなんつかメルヘン系家具風味(※そんなカテゴリーあるんか


以上、トリトラレポですた。では最後にアフィを貼りますので
ご購入予定のある方はこっち↓から飛んでみてクレクレwww
トリトラは代引き・銀行振込のみのお店が多いと思うが、こちらのお店はゆうちょのぱるるが使えるので、手数料がかからんでヨカタよ。
じゃあの〜ノシ
posted by Asuka at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

Suomi

20080908124530.jpg

先日Amazonで買った本(の表紙↑)
『森のベリー 庭のベリー』
この本、単なる園芸ガイドではなく
ベリー類を使ったデザートやお料理のレシピや
「フィンランド・ベリーの旅」なんて記事もあったりで、
眺めているだけでうっとりできる、素敵な癒し本なのであります。
…つってもまぁ、「ニジマスのブルーベリーソース」
なんてのはたぶん一生作らん気はするがw
 
 
フィンランドをはじめとした北欧一帯は、私の憧れの土地であり
最近は赤に乳やりをしつつ、
Google Earthでそのへんの上空をふらふらしてみたり。
ん、育児書には「授乳は赤ちゃんの目を見つめながら」
とかあるようだがまぁキニスンナw(ぉぃ


フィンランドは「森と湖の国」と呼ばれているわけだが、
ドイツ行きの飛行機からも見たけど
空から見るとほんと、ぼっこぼこに穴(=湖)あいてるのよね。
でもってそのたくさんのぼこぼこの隙間で人が暮らしてるというか。
 
 
さて適当なところで「着陸」してみると、こんな風景に出くわしたり。
  
suomi-1.jpg


suomi-2.jpg


…はぁぁ(ため息
行きたいなぁ、フィンランド。
白夜の森で野生のベリー摘み、
サマーコテージでのんびり過ごし、
サウナのあとは湖にどぼーん!!ヽ(*´∀`)ノ
 
 
なのだが…ひとつだけ問題が。
夏のフィンランドの湖沼地帯、

   蚊が多いらしい。
   アホほどおるらしい…北へ行けば行くほど。
   まさに蚊柱が立つほどに…ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

そんな状況なので、あっちでもぐるぐる渦巻きの蚊取り線香が売ってるという話。
さ、さすが「日本の隣の隣の国」だけある(?


とりあえず虫怖い・ヘタレなおいらは当面、
実家の庭に植わってるブルーベリー2株で我慢しとくことにしようかと orz
posted by Asuka at 12:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

スナフキン

20080503224527.jpg

生協で買ったムーミンビスケット、ココア味。


昔はどーも辛気くさくて苦手だったムーミン(@岸田今日子)、
最近なんだか可愛く見えてきた…(*´∀`∩)
これも一種の北欧デザインだしかしら??


んで、本日仕入れた豆知識:
女優の「ミムラ」の名前は、ムーミンの登場人物からとられてるんだそうな。
むーーん、ミイ=ミムラ??(゜Д゜)
まぁとりあえず「本名・三村さん」ではなかったのね、彼女・・・(笑)


つーかパソしながらビスケット食ったらキーボードに詰まるぞ自分w
posted by Asuka at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。